家庭クラブ

家庭クラブとは

家庭科を学ぶ生徒が、学習内容を発展させ、実践的・体験的な活動をするための組織です。

本校では全生徒が加入しており、役員を中心に活動しています。

宮城県では15校が加盟しており、以下の4つを精神の柱として「研究活動」「ボランティア活動」「交流活動」をおこなっています。


 基本精神

「創造」常に新しいものを創造し飛躍しようとする意欲をもつこと

「勤労」労を惜しまず、体を動かして実践すること

「愛情」優しくあたたかい気持ちをもってものごとにあたること

「奉仕」他人への思いやりの心をもって尽くすこと

平成30年度

 

ハート活動予定ハート


学校での活動

4月20~24日 緑の募金(家庭クラブ委員会)

5月7~11日 家庭クラブ週間

      24日 第1回総会

7月20日 「なごみの会」との交流会

8月3,6,7日 一日保育士体験

     26日 24時間テレビボランティア

10月5~7日 文化祭

  未定 赤い羽根募金(家庭クラブ委員会)

11月1日 立会演説会・選挙

  15日 第2回総会

12月未定 歳末助け合い募金(家庭クラブ委員会)

1月15日30日 フラワーブローチ制作(1年生)

3月1日 フラワーブローチ贈呈 


宮城県連盟・全国連盟としての活動

4月26日 県連総会・リーダー研修会(名取高校)

5月1~7日 家庭クラブ週間

7月27~28日 全国指導者養成講座(東京都)

8月3~4日 全国研究発表大会(長崎県)

   24日 宮城県研究発表大会(岩沼市民会館)

12月7~8日 東北ブロック研究発表大会(岩手県)

2月15日 県連顧問会議(名取高校)


  

 

ハート活動内容報告ハート


① 宮城県高等学校家庭クラブ連盟総会並びにリーダー研修会

4月26日に岩沼市民会館で県連総会に並びに研修会が行われました。まず、加盟校がそれぞれ昨年度の活動を報告しあいました。今年は東北ブロックの研究発表大会が12月に宮城で行われるため、会場になる岩沼市民会館の施設見学をしました。午後からは参加者みんなで2つのゲームをしました。それは、誰もしゃべらずにジェスチャーだけで誕生日を伝え、順番に並ぶゲームです。最初は緊張しましたが、成功できてよかったです。もう一つは、紙をどれだけ高くつめるかというゲームを4人チームで行いました。みんな積極的に話していて楽しめました。

色々な高校の人と意見交換をし、とても充実した時間を過ごすことができました。この経験をこれからの活動に活かしていきたいです。


② 家庭クラブ週間について

全国家庭クラブ連盟では、クラブ員みんなで協力して家庭や社会に奉仕しようという趣旨で、家庭クラブ週間を設定しています。本校では、5月7日(月)~5月11日(金)の5日間、花いっぱい運動として空きビンを利用して花瓶を作り、役員が持ち寄った花を手洗い場に1~2個ずつ飾る活動を行いました。


③ 募金活動について

先日の「緑の羽根募金」にご協力いただきありがとうございました。全校で7,311円になりました。後期には「赤い羽根募金」と「歳末助け合い募金」を実施しますので、引き続きご協力お願いいたします。

平成29年度活動報告

学校での活動

4月22~27日 緑の募金(家庭クラブ委員会)

5月8~12日 家庭クラブ週間

8月8~10日 一日保育士体験

     27日 24時間テレビボランティア

9月28日 第2回ハンドメイド講習会

   30日 住吉地区世代間交流事業ボランティア

10日6日 食育講座

        7日 渡波地区世代間交流事業ボランティア

        19~21日 文化祭

        28日 リバーサイドマラソン

        30~1日 赤い羽根募金(家庭クラブ委員会)

11月16日 第2回総会

        20日~22日 歳末助け合い募金(家庭クラブ委員会)

1月23~31日 フラワーブローチ制作 (1年生)

3月1日 フラワーブローチ贈呈

 

宮城県連盟・全国連盟としての活動

4月26日 県連総会・リーダー研修会(名取高校)

5月1~7日 家庭クラブ週間

7月27日~28日 全国指導者養成講座(東京都)

8月3~4日 全国研究発表大会

10月24日 宮城県研究発表大会(岩沼市民会館)

12月7~8日 東北ブロック研究発表大会(岩手県)

2月15日 県連顧問会議(名取高校)


ハート活動内容報告ハート


①宮城県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会について
②第2回ハンドメイド講習会について
③一日保育士体験について(参加者の感想から)
④ 文化祭について
⑤各種ボランティア 
⑥募金について 
⑦ フラワーブローチについて 


① 宮城県高等学校家庭クラブ連盟研究発表大会について

10月24日に岩沼市民会館で行われた宮城県家庭クラブ連盟研究発表大会に参加しました。今回私たちは、学校家庭クラブ活動の部で「女子高生の食生活を考える~夢見る花開く~」として発表し、優秀賞をいただきました。

ホームプロジェクトの部3校、学校家庭クラブの部5校の計8校の発表がありました。ホームプロジェクトの部の最優秀賞は、宮城県名取北高等学校の「ようこそ我が家へ~私たちが赤ちゃんのためにできること~」でした。学校家庭クラブの部の最優秀賞は、宮城県名取北高等学校の「地域の子育てをともに~広げよう!支援の手~」でした。

私たちは、他校の素晴らしい研究を見て、とても勉強になりました。講評されたことをふまえて、来年はさらに良い発表ができるように頑張りたいと思います。


② 第2回ハンドメイド講習会について

9月28日に第2回ハンドメイド講習会を実施しました。献立は「飾り巻き寿司」と「お吸い物」です。家庭クラブ委員に加え、山下中学校の方が10名参加してくださいました。一緒に楽しく、協力して作ることができました。今後も、女子高生の健康的な食生活の研究や、地元食材を使ったメニュー開発を続け、このような講習会を開いていきますので、皆さんもぜひ参加してください。


③ 一日保育士体験について(参加者の感想から)

1年生の頃から参加していて、今年で3回目になります。毎年思うことが「子供たちの成長はすごいな」ということです。相手の気持ちを考える、友達と仲良く遊ぶことなど、予想以上に出来ているので、とても驚きました。

保育士の先生の行動を目の前でみることができ、とても勉強になったし、いい1日を過ごせました。保育所の1日を見て、自分は保育士になりたいと、強く思いました。日常生活でも、笑顔と明るさを大切にして将来、先生方のような保育士になれるように頑張りたいと思います。


④ 文化祭について

今年の文化祭では、1年間の活動内容を模造紙にまとめ、掲示しました。また、パンの販売も行いました。販売したパンは、在宅障がい者多機能支援施設「ラボラーレ」から提供してもらったものです。「ラボラーレ」のパンはとても好評で、たくさんの方に買っていただきました。ありがとうございました。 


⑤ 各種ボランティア

<24時間テレビ>(参加者の感想から

8月26日、イオンモール石巻で24時間テレビチャリティ募金に参加してきました。募金の呼びかけや、ビラ配り、募金をしてくれた子どもたちに風船を膨らましてプレゼントなどしました。多くの方が募金に協力してくれて、人の優しさにふれることができました。

<異世代交流ボランティア>(参加者の感想から)

10月7日に渡波小学校で異世代交流のイベントがあり、ボランティアとして参加しました。会場では、昔懐かしい遊びを通して、男女問わず小学生から年配の方まで幅広い世代の方と交流することができました。私たちは「こま」と「けん玉」を担当しました。経験はなかったのですが、丁寧に教えていただき、とても楽しく体験をすることができました。小さな子どもにも分かりやすく教えられるように工夫して声をかけるなど、私自身も学ぶことが多くありました。異世代の方々と交流する機会は多くはないので、また参加したいと思いました。


⑥ 募金について

先日実施した「赤い羽根共同募金」は合計 8,957 円でした。ご協力ありがとうございました。11月に実施した「歳末助け合い募金」では 5,532円のご協力をいただきました。ありがとうございました。


⑦ フラワーブローチについて

1年生が1つずつ手作りの桜のブローチをつくります。このブローチを3年生に贈呈し、卒業式に胸にかざっていただきます。実施時期は1月を予定しています。