学校長あいさつ

本校の公式WEBサイトをご覧いただきありがとうございます。

本校は,大正14年に創立された石巻市立女子高等学校と昭和32年に創立された石巻市立女子商業高等学校を統合する形で,平成27年4月に開校し今年度で7年目を迎えました。上級学校への進学を目指した「学励探求コース」と,地元企業へ就職し,地域を支える人材になることを目指した「キャリア探求コース」の普通科2コースを設置しています。校訓を「英知 精励 和敬」とし,「品格教育 キャリア教育 学力保証」を教育の三本柱と定め,様々な取組を行っています。

 

~中学生の皆さんへ~

本校の教育の三本柱について,もう少し詳しくお話しします。

はじめに「品格教育」についてです。これは,一人一人の生徒の人間性を育み,社会人として大切なコミュニケーション力やマナーを身に付けることを目標としています。「礼法指導」はその一つで,目に見える所作を学ぶだけでなく,動作に込められた周りの人やものに対するやさしさ,思いやりの心を育むことを目的としています。私たちはともすると,自分のことだけで頭がいっぱいになり,周囲の人のことを忘れてしまいがちです。私たちは一人で生きているのではなく,多くの人たちの支えがあって今があります。支えてくれている人たちへの感謝の気持ちを忘れずに,ほかの人のことに思いをはせる,弱い立場や困った立場の人を思いやる,豊かな心を持つことが極めて重要だと考えています。

 

次に「キャリア教育」についてです。本校では,1年生から地元企業と連携したインターンシップの実施により将来を見据えた勤労観や職業観の育成を図っています。また,私たちが「桜坂タイム」と呼んでいる総合的な探究の時間における地域と連携した取組によって,様々な人に出会い,様々な体験を通して,自己を知り,地域を知り,地域と関わりながら,課題を発見し解決していく力を育んでいます。震災後に炊き出しのボランティアを経験したことをきっかけに食の大切さを再発見し,地元に関わる仕事をしたいと考えるなど,経験したことをきっかけに自分が解決したいと思う課題を見つけることは,その後の生き方を考える上でとても重要なことだと思います。予測困難な時代と言われている今だからこそ,自ら課題を見つけ,自ら学び,自ら考え,自ら判断し行動し,よりよい地域社会を拓いていく力を育むことが必要だと信じています。

 

もう一つが「学力保証」です。複数の先生が協力して授業を行うティームティーチングや少人数制学習,さらにICT機器を活用した授業等を通して,基礎的・基本的な知識や技能の習得はもちろんのこと,思考力・判断力・表現力等の育成など,社会を生き抜くための確かな学力を育んでいます。

 

高校3年間は,長い人生の中ではほんのひとときかもしれません。しかし,これからの皆さんの生き方を左右するとても大切な時期です。勉学,部活動,学校行事などすべてにおいて自分自身を大いに鍛えてほしいと思います。社会で活躍できる人間となれるよう,明るくおおらかな校風の中,県内唯一の公立の女子高校である桜坂高等学校で3年間を過ごしてみませんか。詳しい内容は,ぜひホームページにあるバナーをクリックしてご覧ください。

 

校長 熊谷 聡也

歴代校長
 初代  斉藤 繁  (平成27年4月1日~平成28年3月31日)
 第2代  佐々木 武弘(平成28年4月1日~平成30年3月31日)
 第3代  高梨 正博 (平成30年4月1日~令和3年3月31日)
 第4代  熊谷 聡也 (令和3年4月1日~現在)