ブログ

2021年

令和3年度 桜華祭が実施されました

       

7月9日金曜日と10日土曜日の2日間、桜華祭が実施されました。今回はコロナウィルス感染防止のため、校内発表のみの形で行われました。

1日目の主な内容は、開会式とステージ発表①・②で、2日目は、展示発表や模擬店(午前)とステージ発表③、閉会式(午後)でした。コロナウィルス対策のため、マスクの着用や場面によってはフェイスシールドや机の消毒を徹底するなど、制約の多い2日間でしたが、どの団体もしっかりと対策したうえで、工夫を凝らした展示・発表をしていました。その甲斐があって、生徒たち特に3年生は充足感を感じたようです。

今年は一般公開こそありませんでしたが、ほぼ例年通りの桜華祭を実施することができました。そして、そんな桜華祭が実施できたのは、それを陰で支えた実行委員たちの活躍があったからにほかなりません。

「命の大切さを学ぶ教室」を受講しました

 

5月27日木曜日4校時、宮城県警察のご協力の下、岩佐寿子氏を講師に迎え、命の大切さを学ぶ教室が開講されました。

「弟よ、あなたのことは忘れない」と銘打たれた講話を、2,3年生は体育館で直接お聞きすることができましたが、コロナウィルス感染防止のため、1年生は大講義室でミーティングアプリを通してお聞きしました。

講話は、岩佐氏の弟様が19歳の時、ある事件で被害者となった際の内容で、遺族としての思いをお話しいただきました。

生徒たちは、普段聞くことができない貴重なお話に集中し、傾聴していました。最後に、岩佐氏から「自分がされていやなことを人にしてはいけない」ということと「周りの人に迷惑をかけてはいけない」という2つのメッセージが生徒に贈られ、そのためには常に心をクリーンにしておくことが大切だということも教えていただきいました。

1学年桜坂タイムでSDGsを学びました

毎週水曜日の6校時は1~3学年揃っての、総合的な探究の時間「桜坂タイム」です。

1学年では、5月26日(水)は4校時~6校時に拡大して、外部講師の先生をお招きした授業を行いました。

内容は「SDGsについて」で、4校時は、みやぎ子ども教育支援ネットワーク協議会の三浦隆一様を講師にお招きし、「SDGsは本当に必要なの?~わたしたちの生活から考えてみる~」と題した講話をいただきました。

5・6校時は体育館で「SDGsde地方創生カードゲーム」を行い、仮想の「さくら町」「あやめ町」「すみれ町」の3つの町で、よりよい町にするにはどうしたらよいか、地方創生に関するミッションに取り組みました。

生徒たちは3~4人のグループに分かれ、他のグループとカードを交換したり、積極的に意見交換をして、SDGsや地方創生の問題について考え、学びを深めることができました。

第7回入学式が挙行されました

  

4月8日木曜日14時より、令和3年度第7回入学式が行われました。コロナウィルス感染防止のため、保護者の参加数を制限させていただくという、規模を縮小しての開催でした。詳細は一部変更されましたが、正担任による呼名や学校長式辞、新入生代表宣誓などは、例年通りに実施されました。

学校長式辞では、「志を高く掲げ、新しい自分になる決意をする」「他人への思いやりや優しさを持つ」「在学中に成人となり、選挙権を持つことになる学年に相応しい、クリエイティブな能力を身につける」という3つのことを達成してほしいと訓辞されました。

昨年度は校舎の階段を上った場所に掲げられていた「入学おめでとう」の表示が、今年度は校庭のフェンスに掲げられていました。新入生115名が、この表示にあたたかく迎えられ、桜坂生の仲間入りをしました。

 

新任式および1学期始業式が行われました

4月8日木曜日9時より令和3年度新任式が、引き続いて1学期始業式が行われました。離任式同様、密集を避けるためにミーティングアプリを利用して、教室で視聴する形で行われました。

新任式では、本校に新たに着任された11人の先生方から挨拶の言葉をいただいた後、生徒会長の歓迎の言葉で先生方をお迎えしました。

引き続いて行われた1学期始業式で、本校第4代学校長に就任された熊谷校長先生は、「体育館で行えず残念である」という言葉から始まり、「コロナ禍で様々な制約があるが、出来ないことを周囲のせいにするばかりではなく、何なら出来るのかと、この困難を前向きにとらえる必要がある。」というお話や「自分の将来には自分が責任を負わなければならず、精一杯努力することで必ず道は拓(ひら)けるものである。」というお話などを生徒に向けてなさいました。

離任式が行われました

 

3月29日月曜日9時15分より、今年度限りで本校を退職、転出される先生方の離任式が行われました。密集を避けるため、今回はミーティングアプリを利用し、教室でライブ映像を視聴する形で行われました。

校長先生をはじめとする、12人の先生方からお別れのご挨拶をいただいた後、生徒会執行部の生徒から花束が贈呈され、別れを惜しんでいました。

合格者説明会が開催されました

3月25日木曜日10時より、コロナウィルス感染防止対策を講じたうえで、今回の入試の合格者に対する説明会が行われました。

合格者115名全員が初めて体育館に揃い、入学前や入学後の注意事項を聞きました。

修業式が行われました

 

3月24日水曜日1校時より、令和2年度修業式が行われました。コロナウィルス感染防止のため、全校生徒が一堂に会することはできないので、放送で実施されました。

式の中の講話で、校長先生は年度始めの休校期間からこの1年間を振り返り、生徒達の労苦をねぎらったうえで、春休み中も感染予防に努めて欲しいと呼びかけていらっしゃいました。そして、休み中に新たな目標を立てて、4月8日の始業式には、全員が元気に登校して欲しいとおっしゃっていました。

2年生を対象に進路ガイダンスが行われました

 

3月17日水曜日1~6校時、リクルート様とハローワーク様ならびに大原出版様の協力のもと、進学希望生徒と就職希望生徒に分かれて、2学年進路ガイダンスが実施されました。

進学希望生徒の内容は「進路の選び方」「適性診断」「上級学校を資料を基に調べる」などの、就職希望生徒の内容は「仕事理解と求人の探し方」「就職活動のスケジュール」「模擬面接(練習)」などの充実したものでした。生徒達も一生懸命取り組み、多くのことを学んだようです。

令和2年度卒業証書授与式が挙行されました

 

3月1日月曜日午前10時より、令和2年度第6回卒業証書授与式が本校体育館で挙行されました。コロナウィルス感染防止のため、保護者の参加数を制限させて頂き、在校生の参加は見送っての開催となりました。

コロナウィルス対応を除いては、ほぼ例年通り行われ、「卒業証書授与」の次第では、担任の先生が卒業生一人ひとりの氏名を読み上げた後、クラス代表の生徒が登壇し、晴れやかな表情で校長先生から卒業証書を受け取りました。

「学校長式辞」の次第では、卒業生に対して「学び続ける人となってコロナに立ち向かってほしい」「感謝の気持ちを持ち続ける人であってほしい」という激励の言葉に続いて、「行事ができない中でも元気に学校生活を送ってくれたことに感謝します」というコロナ下ならではの言葉も贈られました。

今回も「送辞」は録音を再生する形になりましたが、前生徒会長による「答辞」を経て、退場の場面では涙ぐむ生徒の姿も見られました。

最後のホームルームは、それぞれ広い特別教室で保護者が見守る中行われ、担任の先生から一人ひとり卒業証書を授与され、162名が巣立って行きました。